忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ねんど

2000年頃、「ノーザンヒルドの人狼」を出した頃に作った、
紙粘土製のアオイ(狼型)像。
設定通り、左後足の指が1本少ないです。
当時はイベントに連れて行ったりしていたのですが、梱包が
めんどくさくなって、最近はずっとお留守番。
本棚で文庫本の下敷きになったりしています。

猫との対比図。

ねんどと猫

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
すごーい!
紙粘土で葵ですか!指が少ない所とかこだわりがあっていいですね。でも、紙粘土は壊れてしまいそうで、確かにイベントに持っていくのが大変そうです。私も自分のキャラ(毛玉のオナモミ)を作りましたが、ぬいぐるみで中身が綿なんで、ちょっとくらいつぶれても平気です。
柳田ポン 2007/01/15(Mon)12:11:16 編集
>柳田ポン様
一時期よく紙粘土人形を作っていました。でも、今は猫がいたりで、最後の乾燥まで邪魔されずに安全に作れる場所がなくて作っていません。人間の像も作ってみたかった……
ぬいぐるみは憧れですねえ。持ち運びも気軽ですし、フワフワの触感は、やっぱり作っていても癒されるものがありますもんね。
(型紙起こしのコツが知りたいですう)
めかさざえ 2007/01/15(Mon)16:52:36 編集
ぬいぐるみ
オナモミは図書館でぬいぐるみの本を探して、その中で形の似ていたネズミの型紙から、耳としっぽを削除したんです。大きさは縮小コピーで調節。なので自分で型紙起こした訳じゃないんですよ。狼だとぬいぐるみは難しそうですね…。
柳田ポン 2007/01/16(Tue)18:06:49 編集
>柳田ポン様
なるほど、すでにある型紙の応用なんですね。
私も以前、持っている本に載ってた、猫や犬のぬいぐるみの型紙を改造して、鼻を長くしようとしたり、紙で試作してみたりして。
でも実際、布で縫ってみると全然イメージと違うので、諦めてしまいました。
最近は、市販のぬいぐるみも種類が多彩で、探せば狼もありそうですが……裁縫って楽しいので、またなにか作りたいです。
めかさざえ 2007/01/17(Wed)09:32:36 編集
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空