忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は先にプロットを文章で書いておいて
それを見ながら絵コンテを描きます。
でも、実際紙を前にしてキャラを動かさないと
具体的なエピソードが出て来ないことが多くて、
プロットにはただ漠然と、
「この辺もりあげて楽しそうに」だの
「活躍。仲間に大きな貢献をする」
などとしか決めてないシーンも多くて、
どないやねんソレ、と自分にツッコミを入れながらやってます。
で、結果的に予想に反して
「大きな貢献」なんて全く無く「無謀な暴走」で
終わったりします(笑)

「吉乃塚」の4巻の前半って、プロの批評をうけたとしたら
きっとなくてもいいようなエピソードばっかりで
ばっさり切って捨てれと言われるかもしれません。
話の大筋に関係しない、日常のひとこまばかりだから。
でも、自分の漫画で描いてやらなかったら、
彼らの世界を誰がどこで世に出してやれるんだい。
私の頭の中だけで消えていくのはなんだか寂しい。
だから私は削らない。

本になっていつか「無駄無駄無駄ダア!」との批評を
受けて凹むことがあったら
今の自分の気持ちを思い出せるようにここに記しておこう。



……今、自分の漫画に正直自信ない。
人と比べて駄目なところがいっぱいあることはわかってる。
いいところがどこかはわからない。
だけど好きに描くんだ。だって主婦が家事の合間に描いてる
趣味の同人誌だから。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
描いて欲しい
「自分の漫画で描いてやらなかったら、彼らの世界を誰がどこで世に出してやれるんだい」
すごくいい言葉ですね~。
その通りなんで、めかさん無駄無駄ぁ!!の批判を恐れずに描いて欲しいです。
読みたいです。めかさんが描いてくれないと読めないです。(あ、でも急がなくていいですよ?)

趣味で同人誌を描いてる者の最強の呪文で、
「だってプロじゃないも~ん!!!」
というのを覚えました。
好きに描く事が意外と難しいと感じる今日この頃です。
柳田ポン 2008/02/02(Sat)00:03:06 編集
>柳田ポン様
コメントありがとうございます。
自分のキャラは自分の漫画でしか描けませんもんね。2〜3ページでそのシーンだけを小ネタだけ描くっていうのは物足りないんで、できれば本編に組み入れたいです。

「だってプロじゃないも~ん!!!」
全くそのとおりです。
私たちは趣味で描いてるだけ。プロと比べちゃいけません、と思います。
なんの責任もない分、何を描いてもいいはずなので好きに描けばいい。でも、好きに描けない理由って何だろう? 好きに描いたらどうなる?

私はとりあえず、とりとめのない日常話だと
まとまらない気がして、何か事件が起こって、それが収束するまでを描くのがいいのかなと思ってしまいますが……。
まあ、こんなに語っても、出した本を見直すと本っ当に大した事ない漫画なんで、気楽にやれよ自分と思います。
めかさざえ 2008/02/03(Sun)14:11:03 編集
描いていて楽しいのが一番
こちらではごぶさたしています。
あまり偉そうな事は言えませんが、プロの作品に対する批評とアマチュアの作品に対する批評は全く別物だと思いますよ。
もちろんアマチュア作家がプロ並みの批評を受けることによって得られるものはあるとは思いますが。
少なくとも相手の創作意欲を削ぐような批評はアマチュアに向かってはやったらダメです。上手くなるためのアドバイスとそこら辺をすごく勘違いしてる人って結構多いですよ。

私も以前「何か言われるのがイヤだったら、同人誌なんか作るな」と、他人の批判ばかり繰り返す人に言われた事がありますし、自分の作品の色(人外でダークな世界観)そのものを否定された事があります。
で、そういうのを結構、正面から受け止めてしまって創作そのものが楽しくなくなって結果、作品そのものがいきいき描けなくなってしまいました。

でも、聞かなくてもいい言葉というのがあると確信したので、今は結構、自分の萌えというか、燃えには素直に出して行こうと決意して、コツコツやっております。
もっとも他者を否定する人って、意外に本人は何もやってないとか、自分に自信が無いとか言う人が多く見受けられます。受け売りですが「それを言う資格がお前にはあるのか?」です。

趣味の範囲で楽しみつつ、それでも次のステップを目指せるって言うのがアマチュアの醍醐味だと思いますよ。
HERO URL 2008/02/05(Tue)12:34:51 編集
>HERO様
こんばんは、コメントありがとうございます。
批評も相手が求めているなら必要だと思いますが、求めてもいないのに批評しかできない、「感想」が言えない人っていますよね。
(古参の男性で以前創作活動をしていたが今は断念した人に多い?)
私も「描かない人に何がわかる」的な事を言って防御したこともありましたが、それは間違っている、卑怯だと言われたり(苦笑)。
持ち込みに行って厳しい批評を貰うのは、あらかじめ覚悟があるから大丈夫でしょうが、プロじゃなく趣味で描いてる者は読み手さんの共感や交流を期待しているわけで。
私にとって漫画は萌えを発散させる以外に、そのためのツールでもあったのですが、最近は行き詰まってしまい、どうしていいかわからない今日この頃です。
私は他人からの評価が貰えて初めて、自分の作品への自信が持てる質なのですが、どうせ自分の好きなようにしか描けないんだから、いつまでも卑屈なままじゃいけないなと思います。
めかさざえ 2008/02/05(Tue)21:10:39 編集
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空