忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [119] [118]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

枠線も入れ終わり、台詞の入力も済んだので
またペン入れをはじめました。

毎回、試行錯誤しながら描いていますが、今回は
丸ペンオンリーで描いていこうと決めています。
ただ、私が主に使っている、ゼブラのAタイプという丸ペンは、
とても細い線が描けるぶん、やや太めの線が、やっぱりしんどい。
顔の輪郭線とか、ちょっと強めに引きたいときは
古くなったのを使うか、何度もなぞって太くしています。
たまにサインペンを使ったりもしますが、今回は
同じゼブラの丸ペンの「Eタイプ」を使ってみました。
かなり前に、太いと知らずに箱買いして、使わずに置いていたものです。
Aタイプに比べて、かなり太い線が引けます。
ていうか、「とても細い線」は描けません。

丸ペンは、他のペン先と違って、それ専用のペン軸が必要で
私は今1本しか持っていないのですが、丸ペン2本を使い分けるために
タチカワのフリーペン軸を久々に使用しました。

タチカワ・フリーペン軸

写真ではカブラが刺さっていますが、中心部に丸ペンを刺せるよう丸い穴が
開いています。
描いていてちょっとグラグラするのであまり使っていなかったのですが
慣れるとそれほど気になるものでもなかったり。
普通の丸ペン軸は短いものが主流なのに対して、これは長めなので
長い曲線なんかを描く時には楽です。

丸ペン軸と丸ペンの先って、基本的に同じメーカー同士でないと
刺さらなかったり、サイズが合わない(らしい)ですが、
Aタイプは日光のペン軸でもジャストサイズです。
でも、Eタイプには小さいみたいで、安定させようと奥まで差し込むと
切れ目が開いて先も歪んだ……(汗)
しかもなかなか抜けない。
(ゼブラの丸ペン軸、以前持ってたはずなのに、捨てちゃったみたいです)
フリーペン軸ではもっとキツいので、ごまかしつつ日光のペン軸に
刺しています。

Aタイプ(細い)は固いですが、
Eタイプ(太い)は柔らかくて、弱い筆圧でも楽に描けるとこがいいですね。
強弱のコントロールが少し難しいのですが
Gペン並みの太さの線も描けて、Gペンほどの筆圧はいらない。
もっと大きな原稿用紙に描く時には使いやすそうです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空