忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

下描きのとき、手を描くのにいつも苦労していましたが、
関節ごとに描き足していくと、スムーズに描けるようになりました。

1.手のひらを描く

手1


2.指の付け根の関節を描く。<手の甲側から見たときのみ>
(少女や子供だとあまり強調しませんが)

手2


3.関節を足す。

手3


4.さらに足す。

手4


5.も一つ足してできあがり。

手5

親指はひとつ減らします。
特に、指を曲げた絵のときは、輪郭だけ取って描くより
こうやって描いた方が簡単な気がします。

しょうもない記事ですみません;

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ためになりました。
はじめまして。ブログ村から来させてもらいました。僕は手を描くのがものすごく下手なので、この記事はものすごくためになりました。これから、この書き方でチャレンジしたいと思います。
また、遊びに来ると思うのでよろしくお願いします。
Takashi URL 2006/11/27(Mon)21:57:02 編集
>Takashi様
はじめまして、コメントありがとうございます!
私も手を描くのが苦手で、今まで下描きに時間がかかっていたのですが、この方法だと、間違えても描き直す範囲が少なくて済む気がします。
「2.」の「付け根の関節(骨のグリグリした出っ張り)」は、「1.」と別にせずに初めからひとつに描いてしまった方が、わかりやすかったかもしれません。手のひら側から描くときは、「2.」は省略してくださいね。

つたない記事ばかりのブログですが、細々と続けてますので、また遊びに来て下さいませ!
めかさざえ 2006/11/27(Mon)23:13:55 編集
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空