忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少女まんがジャンルで出展していながら(関西コミティアのみ)
私の漫画は明らかに少女まんがじゃない……。
そもそも少女がほとんど出てこない。
でてきても、今のところあまり物語にかかわってないし。
私は、少女まんがをほとんど読まずに大きくなったので、
自然とそうなっても不思議じゃないとは思う。

幼少の頃、少女まんがとの最初の出会いは、あまり楽しいものではなかった。
(楳図かずお「まことちゃん」を愛読していたら、祖母に取り上げられ
女の子はこういうのを読みなさい!と「なかよし」を押し付けられて
大泣きした記憶がある)、
初めて読んだ漫画は、たぶん「ドラえもん」とか「まことちゃん」とか、
「小学○年生」や「学研の科学」に連載されているような漫画だったと
思うのだけど、そのあと、普通はみんなどういう風に、
他の漫画へ移行していくんだろう。
兄弟姉妹の買って来た雑誌や本を読んでいた、という人が
私はと〜っても羨ましい。
長女で長い事一人っ子だったため、親や祖母の干渉が強くて
与えられる本といえば、親が読ませたい本であって、
漫画は滅多に買ってもらえなかった。
雑誌も親の目が気になるし、無駄遣いを叱られるのが怖くて
ほとんど買えなかったので、
読むものはどうしても、自分が選んだ、狭い傾向のものに限られてくる。
だから、知らず知らずのうちに、たくさんの作品に触れて来たような人が
すごく羨ましいと思うのかもしれない。

で、普通なら少女の頃に触れているであろう、少女まんがに一切接する事無く
(周りにそんな本が存在しなかったから)
私が次の段階で読んだ漫画は、少年向けも飛び越して、
いきなり青年・成年向け漫画だった……。

私が小学生の頃、うちは自営業をしていて、店の手伝いに来ていた従兄弟
(ややヤンキー)が、エロ劇画やエロコメ漫画を置いていくので、
あったら読んでしまうのが子供の常だし、初めは意味がわからないながらも
読んでいるうちにわかってしまうというか。
幸か不幸か、幼くしてそういう漫画に接してしまった私は、
中学に入って、周りがみんな、薄ーい絵柄の優しい少女向けの恋愛漫画を
読んでいることに違和感を感じた。
小6の頃、私が読んでいた雑誌は、従兄弟の買ってくる「ヤングジャンプ」や
「ビジネスジャンプ」だった。(普通、「少年ジャンプ」だろうに;)

なんでだろう。
(一般の)少女向けに、肉体の生々しさみたいなものを極力排除し
それらを「気持ち悪い」と感じさせない「少女まんが」が、
私には逆に気持ち悪くてたまらなかった。
たぶん、問題は絵柄とかじゃなくて、多くの少女が求める「恋愛至上主義」が
嫌でしょうがなかったのかもしれない。(今でも苦手だけど)
小さい頃、男の子ばかりの中に混じって遊び、心が乙女じゃなかった私には
そういうものが耐えられなかったようだ。


中1のとき友達に「ザ・サムライ」(ヤンジャンに連載していたコメディ)
を貸したら、「絵が気持ち悪くて読めない!!」と拒絶されてしまって、
価値観の違いにもの凄くびっくりした。
私が少女まんががダメだったように、その子には青年まんが
(エロじゃなくても)が、
どうしようもなく耐えられない漫画だったらしい……。
そのとき、女性の胸がふくらんでいる絵が、その子には理解できないらしい
ことにも激しく驚いた。
女性の胸元の「胸の谷間」を表す線を、これは何かと
真顔で尋ねられたり……。
いくら少女まんがしか読んで無いとはいえ、現実に胸の大きな女性を
見た事がなかったのだろうか。謎だ。

その後、恋愛もの大嫌いで、優しいものも特に求めてない少女だった私は
「ハロウィン」という「どっちかというと少女向けホラー漫画雑誌」に出会い
その後「ウイングス」「花とゆめ」コミックスなどの
腐女子寄り少女漫画を経て、いくつもクッションを挟みながら、
今は普通に抵抗無く読めるようになった。

うーん、でも当時、「あさりちゃん」や「うわさの姫子」とかの、
「小学○年生」や「学研の科学」に載ってた漫画は、少女まんがであっても
読んでた気がする。
なんだかんだ言って、やっぱり単純に身の回りにあるかどうかが
重要だったのではという気がしてきたけど……
けど、やっぱり、小池一夫先生の漫画や、「ど○だみ荘」やら
「み○なあげちゃう」は、小学生が読むには早かったと思う。orz

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空