忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホワイトと筆

ホワイト作業に入りました。
漫画の作画作業の中では、私はホワイトが一番楽しいです。
それまで鈍くてぱっとしない絵が、ホワイトを入れた途端、
見違えるほど印象深くなったりするので、やりがいがあって好きです。

使っているのは、
ドクターマーチンの「ブリード プルーフ ホワイト」という商品です。
ホワイトの中には水性サインペンや筆ペンの上に塗ると
下から滲んできて、どうしても線が消えないものがありますが、
これだと何で描いた線でも消す事ができます。
昔、カラーインクを使っていた時に、このホワイトで修正をしていたのを
白黒原稿にもそのまま使ったのがきっかけです。
以前は1200円くらいしましたが、今は700円くらいでしょうか。
別の皿にほんの少しだけとって、水で溶きながら使います。

今使っているのはかなり前に買ったもので、
何年か使っていると、霜柱のような、ざくざくした結晶(?)が
できてしまいます(写真参照)が、気にせず使っています。

結晶化ホワイト


筆はいつ買ったのか忘れたけど、たぶん十数年使っている面相筆。
毛全体が曲がってたり、貧相な毛並み(?)ですが、慣れているせいか
濃く溶けばかなり細い線でも描く事ができます。
面相って、あまり毛足の長い筆だとホワイト用には描きにくい・・・のかな?
前に筆を変えたけど、慣れなくてまたこれに戻ってしまった。

集中線の穴とか、ちょっとした汚れにはミスノンが便利と思って、
この間ふと衝動買いしたけど
定番は、白地に青文字のミスノンだというを知らなくて、
「水でうすめるタイプ」のを買ってしまった・・・。
やっぱり、墨汁の線しか消せなくて、サインペンだと滲んでくるのね。
ボールペンなんかの、一般事務向きの修正液だったかな・・・(笑)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空