忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

同人誌を始めた頃は高校のクラスメイトと3人で
お金を出し合って本を作っていました。
高校生でしたので、印刷所選びの基準はどうしても
「安くて、基本料金内でいろいろできるところ」でした。
そこで、当時、他の印刷所に比べて安く、遊び紙は無料、
本文の紙替えが3分の1まで無料という、破格のサービスが魅力の、
Kという印刷所を利用していました。
(注・遊び紙=表紙と本文の間に挟まっている紙のこと。
普通は別料金をとられる。安いので色上質紙を使う事が多い)

そこは他の会社にくらべてマニュアルがかなりアバウトで、
印刷料金も後払いだし、
つまりは融通がきく、おおらかであまり厳しくないところなんだと
解釈していました。
「表紙3色刷りはご遠慮下さい」(!)なんて書いてあったりしたけれど
どこの会社もそんなものかなあ、なんて思ってましたよ。

しかし、今にして思えば、良く言えばおおらか、悪く言えばテキトーというか
ルーズというか・・・
細かい所に目をつぶれば、かなりコストが安くできるし、頼んだ部数より
多めにくれるし、おおむね良い印刷所ではあったのですが、
ときたまスゴくいい加減な仕事をする会社でした。

印刷のあがった本は直接、ひもでぎゅうぎゅうに束にして送ってくるし
(本に跡がつきまくり)、こちらの指定や指示で、できなかったところは
勝手に仕様を変更して印刷するし・・・

一度、遊び紙にイラストを印刷してと頼んだら、できなかったのか
やりたくなかったのか、なぜか表2と表3に印刷されていたことも。
フルカラー表紙なのに・・・裏面印刷するかあ、普通!?(笑)
おまけに裏表紙に焼き込んで欲しい写植があって、すこし長い文章だったので
ワープロで打ったメモで指示しておいたら、なんとそのメモが直接、
焼き込まれていた・・・。

最もひどかったのは、高校の別の友達が出した小説本。
私が挿絵と装丁を担当し、印刷代は全てその友達が出すことに
なっていました。
表紙は黒と黄色の2色刷りで、遊び紙をつけ、100部刷ってもらいました。

ところが、できあがってきたのは実に最低な乱丁で、
表紙は1冊を除いて、残り全部、印刷がかすれているのです。
中には絵が判別できないくらい、かすれたものもありました。
おまけにその、まともな1冊には、遊び紙が3枚も挟まっていた・・・

絶対にクレームをつけるべきだと説得したものの、イベントが
せまっていたせいか、
友人はこれに、請求された通りのお金を払っていました。
つまりは泣き寝入りということでしょうか。
オバハンとなった今では、周りに止められようがどうしようが
怒りの電話をかけていたことでしょうが
これを平気で送りつけてくる神経が信じられません。ー_ー;

現在は他の会社を利用していて、現在この印刷所がどんな感じなのか
私はわからないですが、広告を見たところ、デジタルばりばりの
最先端っぽい(笑)入稿もOK!!みたいな雰囲気なので
体制は相当変わったんではないかと思いますが、どうなんでしょう・・・。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空