忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、大阪天満橋OMMビルにて開催された
「関西コミティア29」に参加してきました!
直前になって熱を出してしまい、どうなるかと思いましたが
前日の睡眠と、気力でがんばりました。
新刊が会場へ直接搬入だったので、這ってでも
行かねばならなかったわけですが……。

実際行ってみると、両隣は以前から気になっていたサークルさんで
びっくり。長い事参加していると、名前や本を知っているサークルさんが
増えて来て、思いがけず近くになったりすると、どぎまぎしてしまいますね。
「コペルニクスの卵」のMs.Copernicus様、お菓子を下さったり
本をひと揃い買って下さったり、いろいろありがとうございました。

買いものタイムには、かねてからおつきあいのある
「アイス図書館」のまっちゃアイス様、
「ハバネロキャラメリゼ」の鮫様、
「まつかさ師匠の沈黙工房」の柳田ポン様、
「I・MARK2S」(←本当は「2」は上付き文字です)の
マキノ様のところへお邪魔し、作品を入手&おしゃべり。
本当に楽しかったです。貴重な時間を裂いて下さって、
ありがとうございました!

……で、肝心の新刊の出来ですが。
思ったよりカラー表紙の色が濃く出ていて、「うおお」と思いました。
用紙をサーブルという、吸い込みのよさそうな紙にしたせいかもしれません。
(注;想像です)
一度、蛍光ピンク差替えフルカラー(通常の4色分解のうち、マゼンダを
蛍光ピンクに差し替えて印刷する方法。軽い仕上がりになる)をやって
みるつもりで表紙を塗っていたのですが、赤は当然避けていたけれど
濃いブルーも再現できないことを、塗り終わってから知って諦めたのです。
表紙は青系と紫で占められていたもので……。
肌に蛍ピが入ると、かなり華やかになりそうなので、憧れではあるのですが
どんな色になるのか想像がつかないとこが難しいですねえ。
5色分解はめっさ高いしね。

本文用紙は、パックにはない90キロ上質紙を、オプションで使用しました。
初めに出した「ノーザンヒルドの人狼」1〜2巻はこの用紙で、特に問題なく
線も綺麗に出ていたのですが、
「吉乃塚の人狼」を出す時に、コミック紙という紙にしたところ、それ以来
どうにも細い線がかすれてしまうので、画材も変わってないのに何故だろうと
不思議に思っていたのです。
今回、また90キロ上質紙に戻したところ、以前のような仕上がりになった
ので、かすれるのは紙のせいだったことがわかりました。
ゼブラのAタイプ丸ペン(細い線用)が主体の私の絵には、
コミック紙のような、少々ざらついた紙は向いてなかったのかもしれません。
ハイバルキー(無料配布本に使用)は、それほどかすれてないのが
また不思議。
こっちの方がコミック紙より粗く感じるけど……。

スペースへ来て、本を買って下さった皆様、ありがとうございました!
次回へむけて頑張ります!
(その前にちょっとだけ、だらけま〜す ^▽^;)

<余談>
イベント閉会後に会場から荷物を自宅へ送られた方へ。
今日は届きません。明日です。
ペ○カンはネコさんほどあまり頑張ってくれませんね。
前回の関西コミティアのとき、翌日荷物が着かないので
センターへ問い合わせたところ、かなり経ってからの回答が
「コミックさんの荷物は翌々日になるんですよ」とのお返事でした。
「コミックさん」って誰!!(笑)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空