忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カケアミや背景を描いている途中ですが、
全体の白黒のバランスがわかるよう、一部の場面にベタ(黒塗り)を
入れていきます。
描いている間に、はっきりベタと決めている所は意外と少なくて、
夜の背景とか黒髪部分の、黒と確定しているところを、とりあえず
塗ってみて、様子をみながら中間をカケアミで埋めて行きます。

ツヤベタ

波打つ髪のツヤベタ(黒髪のツヤ)って難しい・・・。

オーソドックスなまんがの描き方では、ベタは墨汁と筆で、というのが
基本なのでしょうね。
私もそうしなくてはと思いながら、面倒くさいので、ついつい
ツヤベタを入れるための筆ペンで、全てのベタを塗って
しまいます。
(墨汁だと広い面を塗った時、紙が波打つので、印刷には不向きとも言う)
くりえい社(同人誌印刷所)さんのマニュアルによると、印刷の担当者が
一番嬉しいベタは、「油性マジックでの二度塗り」だそうです。
プロの漫画家さんでもそうしている人は結構いるみたいです。
私は、シンナー臭に負けてしまうので、ちょっと無理ですが・・・
以前出した本で、全面黒塗りのページを入れることになり、自分で塗るのは
ムダな気がしたので、入稿のときに「このページは黒一色です」と
指定して何も塗りませんでしたが、きちんと対処して頂きました。


使っている筆ペンは、ぺんてるの「極細」です。

筆ペン

ツヤベタのような極細から、描き文字などの極太の線まで、自在に書けるので
これ以外考えられません。(冠婚葬祭の金封の名前書きにも使ってますけど;)
私が持っているのは、16年前に買って以来、カートリッジを替えながら
愛用しているもので、ラベルはもはや取れてありませんし、
毛先は微妙に曲がっています。
毎回、このインクが無くなったら新しいのを買おうと思うのですが、
愛着のある道具は、おいそれとは捨てられませんね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空