忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一部の方に好評の「無料配布本」のこと。

私の漫画は、シリーズ物の長編です。
シリーズその1が4冊、シリーズその2が2冊出ているのですが
初めての方には、なかなかこの「シリーズ物」って
手に取りにくいものなのではないでしょうか。

だいたい、シリーズその1の1巻が700円、
2巻が800円と、相場より少々お高めなもので
(初めてオリジナル本を出すので、あまり深く考えずに
分厚くて装丁に凝った本にしてしまったため……ゴメンナサイ T▽T)
お試しに買うにはハードルが高かろう。
でも、ペーパーでは、まとめ下手な私のこと
作品の雰囲気をうまく伝える事ができないのです。

そんなわけで、創作同人イベントではわりとよく見る
無料配布本(各シリーズのそれぞれ1話を収録したもの)を作って、
少しでも興味を持って下さった方へ配布しています。
最近ぽちぽち、この無料配布本が良かったというコメントを
イベントパンフに寄せて頂くことが増えて来て
とっても嬉しいです!(ありがとうございます)

ここからは印刷コストの話になりますが、
「こんなのを無料で貰ってもいいの?」と仰る方が何人かおられます。
B6サイズとはいえ、52ページもあるからでしょうか。
これは去年、原稿が行き詰まり、当分新刊が出せそうにない時期に
作ったもので、本文の大半は再録ですから、それでよいのです。

でも、印刷に幾らかかったっけ?と思い、当時のメモを見ると
今回の新刊とさほど変わらない値段でした。
……なんでやねん。
B6・表紙2色刷りの本が、A5・特殊紙フルカラーの本と
ほとんど同じ値段ですか。(ページ数、発行部数は同じ)

・無料配布本はパックを使用していない。(早割は使用した)
・最近、印刷所の価格改定があった。

が主な理由ですが、同じような値段だったら
無料本もA5でフルカラー表紙の方がよかったかなと思いました。
(今さらですが)
価格改定後の今も、A5のパック価格より、
B6の、素の基本料金の方が高いけどね。

細部まで凝った本を作りたいときは別だけど、同人誌印刷は
やっぱりパックを利用した方が、格段に安くできるのだなあ、という
お話でした。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空