忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ペン入れに入りました。
長いこと漫画を描いていないので、始める前にしばらく
ペンの練習をして、リハビリというか準備運動をしました。

にもかかわらず、

なぞってみると、なんか全然理想とかけ離れた絵になっていく。

ムキーーーー!!!くやしーーー!!


なんでこんなに「ぼっさ〜」とした線になってしまうのか。
おまけにすごく時間がかかるし。なかなか進みません。

・・・というのは、漫画描きさんすべてが陥る罠でしょうか。
何年漫画描いてても、気に入った線が引けませんよ(涙)



ちなみにペン入れの道具のこと。

墨汁とペン


インクは墨汁を使っています。「開明」とかブランドに特に
こだわりはありませんが、時々薄いものがあって、
買ってみたらペン入れには適してなかったりで
一時、新品の墨汁が4本くらいあったことも。
今は、近所に売ってる、いつでも手に入るものを使っています。
小瓶に分けて、濃くなったら墨汁を足して少し薄めます。
水で薄めるのはどうなんだろう・・・。化学変化がおきるでしょうか。

ペン先は、必ず使うのが、ゼブラの丸ペンAタイプ(細い方)。
他は、カブラやGペンを使いますが、メーカーは決まっていません。
水で洗いながら描きます。

普通、太い線と細い線とは別のペンで描きますよね。
私は細い線は丸ペンと決まっているものの、太い線を何で描くかが
いまだに決まっていないのです。
結構、丸ペンのみで描いてたりもしてます。
(太いところは何度かなぞったり、古くて太った丸ペンを使う)
今回、すごく久しぶりにGペンを使ってみました。
強弱が楽に付けられるのでいいけど、なぜか本番になると
あまり強弱の無い、ぼんやりした絵になってしまっている・・・
輪郭と太いところだけGペンで、あとは全部丸ペンにしたほうが
いいのかな〜。
投稿用サイズならともかく、同人誌用サイズでGペン使うのって
難しい・・・(汗)

「ペン入れにコツはない」そうなので、自分なりのスタイルを見つけて
試行錯誤していかないといけないものみたい。
私の場合、作画作業上では、ペン入れが一番難航するところですね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空