忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ペン入れとベタ、ホワイトがようやく終わって
トーン貼りを始めました。

今回、ペン入れが終わりに近づいた頃から、急に描きにくくなって
妙に手間取りました。
丸ペンで描いていますが、やたらとすぐに墨汁の保ちが悪くなって
いつも以上に、何度も墨汁をつけなくては描けないし。
そのうち、おろして間もないペンなのに、すぐ使えなくなってしまう。
何度やっても、ペン先から紙まで墨汁が到達せず、空振り(?)ばかり・・・
原稿用紙を変えたせいか、墨汁が濃くなってきたせいなのかと思っていたとき
部屋の湿度を見ると、30%しかありませんでした。
きっと、空気が乾燥しすぎて、墨汁がすごい勢いで蒸発して
濃くなってるのと、描いている端からどんどん乾いているので、墨汁が
ペン先から紙へ下りていかないのが原因のようです。

ペン先を墨汁につけたときに、瓶の口で余分の墨汁を落としたあとが
ちょっとした間にコテコテになって、すごいことになってます。
梅雨時など、湿度が高くても紙が湿気ってダメになるし、
デリケートですねえ。
湿度40〜50%くらいがいちばん快適に描けるのかな。

今回はいつもより、トーンを貼る範囲が多くて、こするのに疲れます。
いつもはICトーンを使ってますが、サム・トレーディングの
「デザイントーン」で使いたい模様のがあったので、
貼ってみると、ICより粘着力が強くて定着させるのが楽みたい。
フィルムが、ICのは「ぱりっ」とハリのある感じなのですが
デザイントーンは「もちゃーっ」としっとり柔らかいので、細かいトーンが
よそへ飛んで行きにくくていい感じ。
(余分な部分を、原稿用紙から取り除く時に少々苦労しますが)

これで網トーンの種類が豊富で印刷の質がよくて、近所で安定して
手に入るのならば、乗り換えてもいいかも。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空