忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ペン入れがほぼ終わりました。でも、初めの方は、
ペンに慣れていなかったりで、線にメリハリがなく
どうしても気に入らないページを丸ごと描き直すことにしました。

そういうときや、右向きの顔が上手く描けないので
裏から描いてトレスするというとき、欠かせないのが
「トレス台」です。
私が家で使っているものは、高校生のときにおこづかいをはたいて
買った、古くて照明面の狭いものです。
照明もかなり暗くなりかけてて異音がするし、長時間使うと
とっても目に負担のかかるシロモノ。おまけに厚い!
机の上に載せると、画面が目に近づきすぎるし、手を添えるのも
無理な体勢になったりします。

大学病院で写真を扱う仕事をしていたときに使っていた、
写真用のライトボックスが、たいへん重宝で
いつか欲しいと思いつつ、まだいいかと先延ばしにしていて
今に至っています。

イルミネーター

フジフィルムの「カラーイルミネータープロ B4」という製品です。
■外形寸法:タテ335mm×ヨコ425mm×厚さ28mm
■照明面寸法:267mm×347mm
何と言っても、厚さが3センチ弱と、非常にコンパクトなのがうれしい。

ひとまわり小さい、「カラーイルミネータープロ A4」というのもあり、
こちらは縦型で
■外形寸法:タテ370mm×ヨコ256mm×厚さ16mm
■照明面寸法:292mm×210mm
厚さはなんと16ミリ! 同人誌用サイズの原稿しか使わないなら
こちらで十分でしょう。
(これは使ったことが無いので、使い勝手はわかりませんが;)

難点はやや高価なこと?。
ヨドバシ価格で29925円(A4,B4ともに)だそうです。
どっちも同じ値段だったらB4が欲しいかも・・・

画材店では専用のトレス台や、非常に薄い「らんぷシート」というのを
売ってますね。
(発光体に寿命があると聞いたのだけど、どのくらいだろうか)
でもこれらも20000円くらいするので、それだけ出すなら、
私はどちらかというと上のイルミネーターが欲しいかなあ・・・
思い出深いし、なんとなくカッコいいし。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空