忍者ブログ
自作の漫画や絵のプロセスなどを。
[234] [233] [232] [231] [230] [229] [228] [227] [226] [225] [224]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本が届くまで書く事がないので、
私が透明水彩でイラストを描く時の色の塗り方を
肌の色を例にとって書いてみます。

<使う色>
ホルベイン透明水彩絵の具
・パーマネントレッド
・パーマネントイエロー
         の2色です。

1.肌の範囲に、薄ーく水で溶いたレッドを塗ります。
(薄すぎてほとんどスキャンできてません)

肌塗り1


2.1が乾ききらないうちに、さっきよりやや濃いめに溶いた
レッドを、ポイントになる部分に載せます。
(頬、目元、唇、首の影、耳たぶ、指先、ひざ・ひじなど)

肌塗り2


3.2が完全に乾いてから、薄ーく溶いたイエローを
全体に均一に載せてできあがり。
(下の画像では、わざとはみ出し気味に塗っています)

肌塗り3

若者、女の子、子供なら大抵この2色でカバーできます。
おっさん、褐色の肌は研究中。


なぜ最初からレッドとイエローを混ぜて塗らないかというと
・2色以上混ぜて作った色は、足りなくなって後で作り足そうと思っても
絶対に同じ色にならないから。
・初めから混ぜて塗るより、奥行きが出る気がするから。
……というのが主な理由です。
肌以外の箇所も、だいたいこのような感じで色を重ねて塗って行きます。
デジタルで色を塗るときも、いつものクセで
上のように、頬などのぼかしを入れた上に、もう一色を
レイヤー(乗算)で重ねて塗っています。



去年出した本の表紙イラスト(何枚か描き直したうちの没絵)。

塗りかけ

背景を失敗したので、ほぼ肌塗りを終えたところで中止しました。
いつもこのように、肌を先に仕上げたあと、目や髪、服の影を入れて、
徐々に色を重ねて仕上げています。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
WEB拍手ボタン
書店委託中の作品

「イーヴル・テイル」販売中です!
管理人関連リンク

猫漫画「どうぶつだって生きものさ。」
iPhone用漫画アプリにて配信中です。
森へおつかい
吉乃塚の人狼5巻サンプル
双子の赤ん坊
癒しの森
叶わぬ夢
カウンタ
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
めかさざえ
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
お絵描き
自己紹介:
創作まんが個人サークル
「Quodlibet(クォドリベット)」を主催。人狼や動物のまんが・イラストなどを描いています。
主にコミティア(東京・関西)、そうさく畑に参加しています。
相互リンク
最新コメント
QRコード
 
忍者ブログ   [PR]

素材提供 始まりはいつも空